転職の面接では短所を長所にする

転職,面接,短所

転職を行う際には書類選考の後に必ず面接試験が課せられます。ここでは自己紹介の後に志望動機や転職のきっかけ、入社後の抱負やプランなどを具体的に説明することになります。そういった一連の形式的な内容に加えて、専門職であればその専門性を必要とする質疑応答が交わされるのが通常です。そして、最後に自己PRを要求されることがあります。自己PRというのは自分の長所を訴えかけるのがポイントになりますが、ここで自分がいかにすばらしい人間かということを伝えるのは簡単なことではありません。自分の美点や長所を並べ立てたところで、そんなに完璧な人間はいないと思われて信用できる自己PRとして成立しないからです。そこでポイントになるのが短所を長所として述べるということです。例えば、自分は注意散漫なところがあって、1つのことを集中して考え続けるのが苦手ですが、それを生かしていくつものことを並行して行うことには自信があります、というような話の流れにするのです。こういう論調は自分が短所を有していることを認識しているだけでなく、短所も長所にしようという向上心を見せることになりますので、話し方次第でとてもインパクトがあり、面接でよい評価を得ることにつながります。 295

転職の面接にふさわしいメイクとは?

転職,面接,短所

転職をするうえで必須になるのが面接です。本番の一発勝負で入社できるか決まるため、できるだけ印象を良くして臨むのがベストです。女性の場合、印象を変えるのにとても役立つのがメイクです。社会人としてふさわしい化粧をできるようになれば、転職時の選考でも有利に働く可能性が十分にあります。 転職メイクで最も重要なのは目もとです。学生時代や一部の職場では、目元にアイシャドウやマスカラで華やかに仕上げるのが主流です。しかしながら、選考の場では控えましょう。柔和な雰囲気になる茶色のアイラインを薄く引き、同じく茶色ベースのアイシャドウをふんわりとのせるのが正解です。次にポイントとなるのがチークです。肌なじみの良い色を付けると、血色が良いように見せられます。大きめのブラシにチークをとると濃くなりすぎずに自然に仕上がります。元気よくフレッシュに見せるだけでかなり印象が良くなりますから、チークは使いこなせるまで練習を重ねるのがオススメです。最後に口もとについてです。グロス類は唇を魅力的に見せてくれますが、ビジネスシーンでは不向きです。ピンクベージュ・オレンジベージュの口紅を引くと清楚さ・ナチュラルさが出ます。リップブラシできっちりと輪郭を埋めるようにするとさらにベターです。 296

このページの先頭へ戻る